部分拡大図

ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動ここへ移動

神託を受け波上宮を建設した崎山里主(さちやま さとぅぬし)の死後、その徳を称えて住居跡を御嶽としたといわれ、境内に墓と伝えられるものがある。崎山里主は1372年に琉球からの最初の明入貢を行なった察度(さっと)王の子とされている。

崎山御嶽(さちやま うたき)



首里古地図・崎山御嶽拡大図を閉じる(戻る)

拡大図を閉じる(戻る)

全体図

古地図の概要

古地図を理解するための予備知識

参考文献