王夢樓詩鈔 坤(巻2) (おうむろうししょう)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

 王文治(生没年不明)は 清朝(しんちょう)中国を代表する文人(ぶんじん)として知られています。音楽、詩、書など様々な文芸にすぐれていたと云われています。また王文治は中国からの琉球王国への外交使節(冊封使節 さっぽうしせつ)の一員として1756年に来琉していることで、沖縄では特に親しまれています。このときの冊封使節は、尚穆王(しょう・ぼく・おう)が王位に就くことを認め、祝うために中国皇帝から派遣されたもので、全魁(ぜんかい)を正使として、王文治は全魁の従客(じゅうきゃく≒正使の補佐役。和やかな外交を補佐する文芸にすぐれた人物が選ばれる。)として来琉しました。沖縄には当時、王文治が残したとされる文物(ぶんぶつ)を含め多くの詩文・書作品が県立博物館などに所蔵されています。 明治期の日本では西欧文明の波が押し寄せる中で、清朝中国の漢詩が特に流行するという不思議な現象がみられました。懐古的な、あるいは「東洋人」である自分たちの自己認識への欲求ともみられています。この詩集もそうした流れの中で1881 (明治14) 年に日本で刊行されたものです。1795 (乾隆(けんりゅう)60) 年に中国で刊行された王文治の詩集『王夢楼詩集』(全24巻)の中から代表的な作品を選んで二冊本として再編集したものです。夢楼というのは王文治の雅号(≒ペンネーム)です。またタイトルにある「鈔(しょう)」は「抄」と同様で、一部を抜粋したダイジェスト版というような意味です。編集を行った宍戸逸郎は漢学者とみられますが詳細は不明です。

 この詩集では絶句(ぜっく≒五字または七字を四つ連ねて表現される漢詩文。五言絶句、七言絶句。)を集めて二冊分になっています。『王夢楼詩集』(全24巻)の第2巻の「海天遊草(かいてんゆうそう)」という章では1756年の来琉の際に詠まれた漢詩文が集められていますが、この『王夢楼詩鈔』にも「海天遊草」から採られた漢詩文が数篇、収録されています。

 乾坤(≒天地というような意味。二巻本の上・下巻をそれぞれ乾・坤と表すことはよく行われてきた。)の坤巻(下巻)である本冊には、先に述べた「海天遊草」の詩文は収
録されていません。(※乾巻に数篇が掲載あり。)

 この坤巻(下巻)からは古来、多くの詩人が題材として詩作してきた「虞美人草(ぐびじんそう)」という詩をみてみましょう。虞美人は、後に漢王朝(紀元前206~紀元220)を開いくことになる劉邦(りゅう・ほう)に破れた項羽(こう・う)の恋人で、垓下(がいか)の戦いで四面楚歌(しめんそか)に陥った項羽の足手まといにならないように自ら命を絶ったと伝説される女性で、古来、多くの文学作品の題材となってきました。

 「垓下歌残戦士奔。斜陽何處弔芳魂。小楼夜雨人無睡。起看花枝有涙痕。」(垓下の古戦場を訪れると、項羽と虞美人を追い詰めた四面楚歌の残響が今も残り、戦士らの奔走の足音さえ聞こえるようだ。陽が傾き周囲が暗くなると、自ら命を絶ったという虞美人の魂をとむらう場所さえわからない。近くの小さな建物に宿泊して夜の雨音を聴いていると居合わせた中で眠る人はいない。朝になって古戦場へ行くと、そこに虞美人草が生えていて、夜露だろうか、涙のあとのようにぬれている。)

 立身出世よりも文芸や音楽を愛したとされる王文治らしい詩文と感じられます。琉球へ冊封使節の一員として訪れる際にも航海・旅行の危険を心配した周囲の反対を押し切って文化的冒険を選んだと伝わっています。

(鶴田 大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
・『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1983年刊)
 ※「王文治」「夢楼詩集」ほか各項参照。
・『沖縄県文化財調査報告書44 扁額・聯等遺品調査報告書』(沖縄県教育委員会・編 1983年刊) ※王文治の書をその詩と共に図版で鑑賞できる。
・『未公開資料による 琉球王朝の書画』(池宮正治ほか執筆 観宝堂 1992年刊)
 ※王文治の書による木製の聯(れん≒漢詩などを記した一対の細長い木製の飾り板)の図版が掲載されている。
・『中国書人名鑑』(鈴木洋保ほか編 二玄社 2007年刊)
・『大漢和辞典』(諸橋轍次ほか編 大修館書店 2000年刊)
・「明治期における清詩の流行について」(水津有理 2007年)
(web版雑誌 「「対話と深化」の次世代女性リーダーの育成 : 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ」 お茶の水女子大学「魅力ある大学院教育」イニシアティブ人社系事務局 2007年3月10日 発行 に収録。)
→http://hdl.handle.net/10083/3473http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/3473/1/P286-289.pdf#search='%E7%8E%8B%E5%A4%A2%E6%A5%BC%E8%A9%A9%E9%9B%86'
・『琉球国志略』(周煌 著 原田禹雄 訳 榕樹書林 2003年刊)
 ※王文治が直接登場するわけではないが、王文治が琉球を訪れた際の冊封使節の副使、周煌が記した旅行記であり、王文治が体験した当時の琉球王国の様子を味わうことができる。

(調査ノート)
・沖縄県立図書館には『王夢楼詩集』(写本 四巻分のみ)が所蔵されている。
・宮内庁図書寮に『夢楼詩集』(全24巻 1795年刊)が所蔵されている。
・虞美人伝説が語られる『史記』の中で、絶望した項羽が詠ずる詩は下記の通り。
「力拔山兮氣蓋世 (力は山を抜き、気は世を覆う)
時不利兮騅不逝 (時利あらずして騅逝かず)
 騅不逝兮可奈何 (騅逝かざるを如何せん)
 虞兮虞兮奈若何 (虞や虞や汝を如何せん)」
しばらくお待ちください