改正官員録 [明治26年甲] (かいせいかんいんろく)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『改正官員録 甲(こう)』(=「官員録」中央政府官員名簿) 明治26年(1893) 解説

 

 「官員録」とは明治時代前半期(明治元年~明治20年代)の公務員名簿です。「官員録」は当初、明治政府の内部文書として作成され、すぐに民間出版者による多種多様な「官員録」が刊行されていきます。 
 混乱する時代にあって、多くの国民が明治政府に陳情(ちんじょう=公的機関などに実情を訴えて改善を求めること)を行いましたが、その際に陳情先の情報を「官員録」が提供していたからです。(※「官員録」は明治19年以降「職員録」と名称変更され政府から刊行されますが、民間による「官員録」という名称での刊行も明治26年頃まで続いたとされます。)

 

 「官員録」は本来、実用的な記録でしたが、現在では重要な歴史資料です。全体として、明治維新の中心であった薩摩藩(≒鹿児島県)や長州藩(ちょうしゅう・はん≒山口県)出身の人々が明治新政府の中心となって活躍した様子が具体的にうかがえます。

 

 また各府県の官員名簿をみると、知事をはじめ他府県出身者が多く、(日本)政府の中央集権体制がすでに確立していたことがわかります。戦後しばらく(1945年~)までは「おくに(御国)は?」といえば、「日本」ということではなく「どの地域の出身ですか?」という意味でした。「官員録」は地域性を喪失しながら近代化を進める明治国家の姿を映しています。とりわけ琉球・沖縄は、明治前期に琉球王国解体~沖縄県設置(1879)の過程にあり、「官員録」はその激動の歴史の一端を証言しています。

 

 この本は刊行年記を欠いていますが、表紙に「明治二十六年」と書き入れがあり、また掲載されている第2次伊藤博文(いとう・ひろぶみ)内閣の顔ぶれから明治26年(1893)の刊行とほぼ確認できます。甲乙二冊の甲巻で、明治中央政府の官員名簿部分が収録されています。乙巻は各府県の官員名簿を収録しています。(→資料ID1002307104  ※刊行者・刊行月が同一とは特定できませんが、この本の乙巻とほぼ同様の内容が記されているとみられます。)
 目次~俸給(ほうきゅう)一覧に続いて内閣以下の名簿が掲載されていますが、明治初年以来の伝統的な太政官(だじょうかん)組織に変わって明治18年に発足した内閣について収録されています。第2次内閣を組織した総理大臣・伊藤博文(山口県出身)等の名前が記されています。太政官制度から内閣制度への変更は憲法制定・国会開設を目指すものでした。明治帝国憲法は明治22年(1889)に制定され、自由民権運動の高まりを受けて成立した帝国議会は明治23年(1890)に開設されています。この時期、明治国家が西欧諸国と同様の近代国家としての制度をかなり整えてきた様子がうかがえます。
 また朝鮮半島への支配権をめぐって翌年夏には日清戦争が起こります。「官員録」にみられる人事にも外交問題が大きな影を落としています。日本が清朝(しんちょう)中国に勝利することで、江戸時代・琉球王国時代まで続いてきた中国中心のアジア世界秩序は完全に崩壊し、日本は軍国主義への歩みを早めて行くことになります。

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考資料)
『国史大辞典』(全17冊 吉川弘文館 )※項目「官員録」「廃藩置県」「明治維新」等の項目参照。
『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス 1981年)
「ジャパン・ナレッジ」WEB版 総合辞典サイト
ほか

 

(調査ノート)
・この本は刊行年記を含め多くの欠落ページがある。刊行年月日も刊行者も欠落している。
・刊行年の詳細は不明だが、およそ明治26年版と考えてよいと思われる。
・この本の刊行年は記述内容からは、およそ明治26年3月~明治27年1月の間と考えられる。このことは伊藤内閣の顔ぶれなどから特定される。文部大臣の井上毅(いのうえ・こわし)と司法大臣の芳川顕正(よしかわ・ますあき)の就任が明治26年3月で、この本の上限時期を示している。また、農商務大臣の後藤象二郎(ごとう・しょうじろう)が明治27年1月には辞任しており、この本の下限時期を示している。
・ただし1月早々に刊行された「官員録」は不見で、辞任した後藤象二郎について掲載したまま明治27年1月以降に刊行した可能性はほとんど考えられないので、明治26年版として問題ないと考えられる。
・4月~翌年3月を年度とすることが定着した明治18年以降をみると「官員録」刊行は10月が圧倒的に多く、次いで11月、7月、3月の刊行が見られる。1月の刊行は見られない。
・刊行年月日については内閣周辺の人物の就任・辞任時期を多少調査したが、特定できる情報は見当たらなかった。さらに詳しい調査によって、より精確な刊行年月日が判明されうると考えられる。
 


(鶴田大)

しばらくお待ちください