古琉球 (こりゅうきゅう)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 詳細解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

 『古琉球』は、「沖縄学の祖」と呼ばれる伊波普猷(1876~1947)の最初のまとまった著作物の初版本です。版を重ねるごとに時代の流れを反映させるように大きく内容を変化させた『古琉球』の貴重な初版本です。沖縄学もまたこの本から始まったとされる古典です。伊波が「沖縄学の祖」とされる理由はさまざまであると考えられます。ひとつには、言語学を中心に歴史・社会などの研究を通して「琉球・沖縄文化とは何か」という問いに対して最も大きな視野から把握した人物だと評価されているからでしょう。現在の「沖縄学」の諸研究と比較すれば、情報量や精密さからみれば劣る面があるかも知れませんが、学問分野の細分化した現在では持ち得ないような巨大な文明論が『古琉球』では展開されているようです。また、視界の大きさと共に、その詩的で情熱的な語り口は、のちの伊波の著作と共に沖縄の人々や沖縄に関心を持つ人々を今日に至るまで惹きつけているという面も大きいようです。

  『古琉球』は、伊波が主に新聞に発表した研究や随筆を収集して1冊の本にしたもので統一的な構成は持っていません。伊波自身によれば「過去数年間 新聞に出した草稿(そうこう≒下書き)が今では積(つも)って二十余編になった。もとより公(おおやけ)にするほどの価値もないのであるが(後略)」ということです。とは云え、どの編も一人の人間が一定期間の間に「琉球・沖縄文化とは何か」という共通する問題意識を持って執筆しているので、自然と統一感ある内容となっています。

(鶴田 大)

詳細解説文

 『古琉球』の中核となる内容は、当時、幻の歌謡集であった『おもろさうし』を初めて広く社会に紹介し、同時にそこに描かれている古い時代の琉球・沖縄(≒古琉球)の姿を描き出したことだと広く認められています。伊波によれば「オモロ(=おもろさうしの略称)を措(お)いて琉球固有の思想と琉球古代の言語を研究すべき資料はない。」(第1編「琉球人の祖先に就いて」)ということです。『おもろさうし』の研究・紹介を中核に置いて伊波が論じたのは、一つには、古い時代の琉球・沖縄が独自の世界観に彩られていたこと、もう一つには古い時代の「日本」(≒大和文化圏)と琉球・沖縄は言語学的にみて本質的に同一の文化を共有していたこと(=日琉同祖論 にちりゅうどうそろん)です。

 琉球・沖縄の独自の古い文化を賞賛したことも、また、歴史を遡ると「日本」と琉球・沖縄が広い意味では共通の文化圏であったと主張したことも、五百年の歴史を持つ琉球王国が明治日本の一県となったことで自尊心を失いかけていた当時の沖縄の人々をつよく励ますものでした。また、当時の沖縄の言語や文化全体が古い時代の「日本」の姿をとどめているという伊波の主張は、日本文化史研究の手がかりとして広く日本全体から注目され歓迎されました。こうした点も伊波が「沖縄学の父」として広く尊敬を集めている理由でしょう。現代においても、『古琉球』において伊波が調査・研究した内容は、細部の修正を受けつつも、全体としては高く評価されているようです。しかし巨大な「古典」であるだけに、様々な視点から独自の解釈がなされている、という面もあります。否定的な評価の代表的なものは、『古琉球』が明治日本(大日本帝国)の独善的なナショナリズムに加担し、その後の大日本帝国の拡大主義・植民地支配の流れに沿うものであったという見方です。こうした批判は伊波の置かれた時代状況を云い当てると共に、伊波を過剰に神格化することを防ぎ、「沖縄学」の発展をうながすちからとなっています。

 また肯定的な評価としては、『古琉球』をはじめとする伊波の研究内容や研究態度は、富国強兵学(ふこくきょうへいがく)としての官学(かんがく)アカデミズム(≒あるいは産学官複合体 さんがくかんふくごうたい)が市民に対して持つ加害性(差別、公害、環境汚染など)に対し異議を申し立てた側面があり、柳田國男(やなぎだ・くにお)の民俗学、柳宗悦(やなぎ・むねよし)の民藝運動、高群逸枝(たかむれ・いつえ)の女性学などと共に「民間学」の流れを作っているという見方があります。そこでみつめられている伊波の着眼点や生きる態度は、現代においても画一性(かくいつせい)や官尊民卑(かんそんみんぴ)の傾向が過剰とされる日本社会に対して、私たちにかけがえのない大きなヒントを与えてくれているようです。

参考文献・調査ノート

(参考文献)
・『古琉球』(伊波普猷 著 岩波文庫 2000年刊)
・『教養講座 琉球・沖縄史』(新城俊昭 著 編集工房東洋企画 2014年刊)
 ※p.253-256 「伊波普猷と「沖縄学」」
・『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1983年刊)
 ※「古琉球」「伊波普猷」「日琉同祖論」「おもろさうし」ほか各項目参照。
・『伊波普猷全集』(全11冊 平凡社 1976年刊)
 ※第1巻に『古琉球』が収録されている。
・『沖縄学の黎明』(伊波普猷生誕百年記念会・編 沖縄文化協会 1976年刊)
 ※伊波普猷の果たした社会的意義や研究業績を様々な面から述べている論考集。
・『伊波普猷批判序説』(伊佐眞一 影書房 2007年刊)
 ※伊波の「戦意昂揚(せんいこうよう)」発言を含む新資料を元に伊波普猷像の神格化に大きな疑問を投げかけ大きな反響を呼んだ。
・『近代日本の民間学』(鹿野政直 岩波新書 1983年刊)
 ※「民間学」という呼称を用いて、巨視的に伊波らの学問のあり方を見つめ直している。
・『おもろさうし』(上下2冊 外間守善・校注 岩波文庫 2000年刊)

(調査ノート)
・『古琉球』は1911年の初版以降、改訂・増補版がたびたび刊行されている。『伊波普猷全集』第一巻の解題(外間守善、比嘉実)や岩波文庫版『古琉球』解説(外間守善)などによれば、概要は下記の通り。
 ○初版:明治44 (1911) 年 沖縄公論社 刊。論考 全25編収録。自序、河上肇 跋。付録は「羽地按司仕置」「具志頭親方独物語」
 ○再版:大正五 (1916) 年九月 糖業研究会出版部(東京)刊。論考 全30編収録(※初版と数編の出入りあり)。新村出の序文「南嶋を思ひて」を加える。
 ○三版:大正十一 (1922) 年四月 郷土研究社(東京)刊。収録論考は再版と同じ。
 ○改訂初版:昭和十七 (1942) 年10月 青磁社(東京)刊。論考 全42編収録。大正期までの刊行物に大幅な削除・修筆・加筆・改題が行われている。付録の「混効験集」には校注・解題が加えられた。また河上肇の序文が省かれ、比嘉春潮と角川源義の後記が加えられている。さらに再版(昭和十八年)、三版(昭和十九年)が刊行されているが、付属の正誤表が改訂されたのみで、基本的な内容は改訂初版と同じ。
 ※この時期、戦争の拡大に伴い、厳しい言論統制が行われるようになっていた。初版以来の河上肇の跋文(ばつぶん)が削除されたのは何らかの公権力による圧力、発禁処分を恐れての自主的な措置が行われていたことが考えられる。
 ○その他、戦後(伊波普猷没後)になってからも、改訂三版(昭和十九年)を元にした刊行が何度かなされている。琉球新報社版(1965年刊 奥付には「第四版」とあるが内容は改訂三版の複製版)、『伊波普猷全集』第1巻に収録された版(1973年刊)、岩波文庫版(2000年刊)などである。

しばらくお待ちください