東遊艸 巻之上 (とうゆうそう)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 詳細解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『東游艸(とうゆうそう)』(鄭元偉(てい・げんい)・魏学賢(ぎ・がくけん)・尚元魯(しょう・げんろ)著 鮫島玄霧(さめじま・げんむ)他 編 天保14年(1843)刊) 全三冊(第一冊) 解説

 

 『東游艸』は1842年の「江戸立(えどだち=琉球王・将軍の代替わりの際などに琉球から江戸将軍へ挨拶に派遣される外交使節団)」に参加した琉球の尚元魯(しょう・げんろ)、鄭元偉(てい・げんい)、魏学賢(ぎ・がくけん)の三人が、琉球~江戸の道中に詠んだ漢詩文をそれぞれにまとめ、薩摩藩の文人である鮫島玄霧(さめじま・げんむ)に贈呈した詩文集です。贈呈を受けた玄霧は翌年の1843年、これらを三冊本として刊行し、琉球へも贈呈しました。

 政治的には緊張する状況も多かった薩摩藩と琉球王国ですが、文人同士は深い親交を持っていたことがこの詩文集からも分かります。集団対集団、個人対個人という異なる次元のコミュニケーションについて考えさせられる事例でもあります。

 

 新しく江戸幕府将軍となった第12代将軍・徳川家慶(いえよし)の就任を祝う1842年(天保十三年) の琉球使節に参加した尚元魯、鄭元偉、魏学賢らは、それぞれ旅の中で心に留まった風景や出来事を漢詩に綴りました。江戸立に参加する人々は外交官であると同時に、歌舞(かぶ)や音楽、漢詩・和歌(=大和文化圏の公式文学)にも長じた文化人でした。

 

 琉球人使節は琉球を出発して最初に薩摩(≒鹿児島)で歓待を受け、さらに九州、瀬戸内地方、近畿から東海道を通り、各地で宿泊して歓待を受けつつ江戸の将軍の元を往復したのです。琉球人使節は、当時の日本(大和文化圏)の一般の人々から竜宮からの使者のように考えられていましたから、その歓待はたいへんなものだったようです。

 

 尚元魯、程元偉、魏学賢の三人は薩摩で受けた歓待の宴の様子はもちろんのこと、和歌などに詠まれるような名所で次々と漢詩を作り、(おそらくは選び抜いて)それぞれ一冊の漢詩集にして、帰り際の薩摩で、文人・鮫島玄霧に贈呈しました。

 

 この第一冊は鄭元偉(てい・げんい)の詩文が集められていて、那覇出発の場面、桜島などの薩摩の名所や行事、下関、大坂、富士山などが道順に従って詠まれ、最後は「鮫島先生」へ謹呈することを述べて詩集を結んでいます。詩歌(しいか)の作り手としてよりも書家として有名であったせいか、他の二人に比べると、平家物語・能楽(のうがく)などで親しまれる文学的な名所よりも、一般的な名所が多く詠まれているようです。

 
(鶴田大)

詳細解説文

『東游艸(とうゆうそう)』(鄭元偉(てい・げんい)・魏学賢(ぎ・がくけん)・尚元魯(しょう・げんろ)著 鮫島玄霧(さめじま・げんむ)他 編 天保14年(1843)刊) 全三冊(第一冊) 解説(詳細版)  

 

 『東游艸』は1842年の「江戸立(えどだち=琉球王・将軍の代替わりの際などに琉球から江戸将軍へ挨拶に派遣される外交使節団)」に参加した琉球の尚元魯(しょう・げんろ)、鄭元偉(てい・げんい)、魏学賢(ぎ・がくけん)の三人が、琉球~江戸の道中に詠んだ漢詩文をそれぞれにまとめ、薩摩藩の文人である鮫島玄霧(さめじま・げんむ)に贈呈した詩文集です。贈呈を受けた玄霧は翌年の1843年、これらを三冊本として刊行し、琉球へも贈呈しました。政治的には緊張する状況も多かった薩摩藩と琉球王国ですが、文人同士は深い親交を持っていたことがこの詩文集からも分かります。集団対集団、個人対個人という異なる次元のコミュニケーションについて考えさせられる事例でもあります。

 

 新しく江戸幕府将軍となった第12代将軍・徳川家慶(いえよし)の就任を祝う1842年(天保十三年) の琉球使節団では正史(せいし)を尚元魯(=浦添王子朝憙(うらそえ・おうじ・ちょうき)1805-1854)が勤め、儀衛正(ぎえいしょう=行列全体と行列しながらの楽隊を統括)に鄭元偉(のちの湖城親方(こぐすく・うぇーかた)1792-1857?)、楽師(行列や行事の際の音楽担当者)に魏学賢(1806-1850)が任命されました。三人はそれぞれ旅の中で心に留まった風景や出来事を漢詩に綴りました。江戸立に参加する人々は外交官であると同時に、歌舞(かぶ)や音楽、漢詩・和歌(=大和文化圏の公式文学)にも長じた文化人でした。

 

 当時の琉球王国は薩摩藩から一定の支配を受けていましたから、こうした公式行事の際にも薩摩藩と行動を共にしました。しばしば描かれる「琉球人行列図」は一般に、中国風衣装を身にまとった琉球使節団の姿が花やかに描かれますが、実際には警護のための薩摩藩士が両脇を固め、また琉球人使節の後ろには長い薩摩藩士の行列があったのです。

 ともあれ琉球人使節は琉球を出発して最初に薩摩(≒鹿児島)で歓待を受け、さらに九州、瀬戸内地方、近畿から東海道を通り、各地で宿泊して歓待を受けつつ江戸の将軍の元を往復したのです。琉球人使節は、当時の日本(大和文化圏)の一般の人々から竜宮からの使者のように考えられていましたから、その歓待はたいへんなものだったようです。

 

 尚元魯、程元偉、魏学賢の三人は薩摩で受けた歓待の宴の様子はもちろんのこと、和歌などに詠まれるような名所で次々と漢詩を作り、(おそらくは選び抜いて)それぞれ一冊の漢詩集にして、帰り際の薩摩で、文人・鮫島玄霧に贈呈しました。玄霧が、文芸を好む薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら=麟洲公・りんしゅう・こう)にこれを見せたところ、大いに喜び、翌年の天保14年(1843) に刊行されました。刊行された『東游艸』(全三冊)はさっそく尚元魯ら三人の手許へも届けられたということです。

 

 この第一冊は鄭元偉(てい・げんい)の詩文が集められていて、那覇出発の場面、桜島などの薩摩の名所や行事、下関、大坂、富士山などが道順に従って詠まれ、最後は「鮫島先生」へ謹呈することを述べて詩集を結んでいます。詩歌(しいか)の作り手としてよりも書家として有名であったせいか、他の二人に比べると、平家物語・能楽(のうがく≒謡曲・ようきょく)などで親しまれる文学的な名所よりも、一般的な名所が多く詠まれているようです。

 

  ところで三人の詩集の順番については、三人の中で最も年長の鄭元偉が一冊目になっていますから、役職の上下よりも年齢に配慮したようです。(二冊目の魏学賢よりも三冊目の尚元魯のほうが一歳年長ですが、玄霧らは、そこまでは知らなかったのかも知れません。)

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1983年) ※「東游艸」、「浦添朝憙」「魏学賢」「鄭元偉」各項。
『琉球使節、江戸へ行く!』(沖縄県立博物館・美術館 展覧会図録 2009年)
『琉球使節の江戸上り』(宮城栄昌 著 第一書房 1982年) ほか
『那覇市史 資料編1-6(家譜資料第二集 久米村系 上)』(那覇市 1980年)
(鶴田大)
しばらくお待ちください