琉球漆器考 (りゅうきゅうしっきこう)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『琉球漆器考(りゅうきゅう・しっき・こう)』 解説

 この本は、1889(明治22)年に発行された琉球漆器に関する古典的な名著として知られています。当時、沖縄県知事であった福原実(ふくはら・みのる)の指示を受け、県の商工課長職にあった石沢兵吾(いしざわ・ひょうご)が、首里王府の貝摺奉行所(かいずりぶぎょうしょ)から引きついだ漆器の図案や技法などを記述した仕様帳などの書類を整理し、まとめたものです。この本を作成する際に使用された原資料がほとんど失われた現在において、この本は原資料を伝える唯一の資料として琉球漆器史上、最も重要な古典となっています。

 見事な挿し絵を描いたのは木脇啓四郎(1817~1899)です。木脇はもと薩摩藩士で、茶の湯や生け花などの文化的興味から写生をするようになりました。やがて博物画(はくぶつが≒現在でも植物図鑑などで用いられている描写法による図画(ずが)で、写真よりも鮮明・精確に対象物を描かれた図画)を描く技術を習得してゆきます。明治期には博物画の専門家として活躍し、鹿児島湾の魚を300点以上収録した図譜(ずふ)『麑海魚譜(げいかい・ぎょふ ※麑は鹿児島のこと)』(1883年刊)を二木直喜(にき・なおき)と共に描いています。こうした図譜は明治政府の産業振興政策の一環である内国博覧会(ないこく・はくらんかい=各地域の特産品やその紹介図譜などを集めて展示し、それら特産品の商品化を目指すイベント。その国際版が万国博覧会)と連動するかたちで制作されていきました。    
 やがて木脇は沖縄県でも仕事をするようになり、得意の描写力を活かして琉球の様々な植物や文物をスケッチしています。沖縄県立図書館所蔵の『花草類真写図』(→資料ID1001879897)も沖縄の植物・花を描いた図譜で、第3回の内国博覧会に出品する目的で描かれたものです。
 この『琉球漆器考』も同じく内国博覧会に関連して琉球漆器の商品化を目指して作成されたもので、ここでも木脇は首里王府文書における漆器の図案を元に測量的ともいえる精密な図譜を作成し、本文の内容と共に琉球王国時代の琉球漆器を伝える古典的著作となっています。木脇は当時の現存作例などの観察などを通して、おそらく原資料の原図以上の精密さで現物の姿を描いたものと考えられます。

 貝摺奉行所は、首里王府内で、漆工芸の貝摺師や木工職人、絵師などを管理・統括していた組織で、いわば王府時代の工芸所といったところです。王府内で使用する漆器はもとより、薩摩や江戸へ献上する漆器などを製作していました。
 この本には、1712年、尚益王(しょう・えき・おう)の晩年から1888(明治21)年に至る、約180年間につくられた琉球漆器の代表的な図案の模写(≒精密に図化されたもの)が収録されており、図案は70点余りにおよび、それぞれ製作年代や名称が記されています。黒塗沈金(くろぬり・ちんきん)の重箱(じゅうばこ)、貝摺(かいずり)の卓(たく)、黒塗蝋色(くろぬりろうしょく)貝摺の酒台(さけだい)、貝摺の八角食籠(はっかく・じきろう)」、推錦(ついきん)の丸形東道盆(まるがた・とぅんだーぼん)など、当時の職人たちの高い技術を思わせる優雅な作品を多くみることができます。

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1981年刊)※項目「琉球漆器考」ほか参照

『琉球漆工芸』(荒川浩和・徳川義宣 1977年刊)
※『琉球漆器考』以来の琉球漆器についてのまとまった論考。こうした論考などによって、従来は中国製とみられていた漆器についてそれらが琉球製であることが明らかとなっていった。
『薩摩藩文化官僚の幕末・明治』(原口泉ほか編 岩田書院 2005年)
 ※図譜を作成した木脇啓四郎の経歴などを詳しく記述している。
『最新版沖縄コンパクト事典』(琉球新報社 2003年刊)
 ※琉球漆器についてわかりやすく記述している。

(鶴田大)
しばらくお待ちください