琉球入貢紀畧 (りゅうきゅうにゅうこうきりゃく)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『琉球入貢紀略(りゅうきゅう・にゅうこう・きりゃく)』山崎美成(やまざき・よしなり)著 (1832年刊) 解説

 琉球国王は様々な機会に江戸幕府へ「琉球使節」と呼ばれる使者を送りました。琉球国王が代替わりしたときの謝恩使(しゃおんし)、幕府将軍が代替わりしたときの慶賀使(けいがし)などです。江戸時代のおよそ250年の間に合計20回ほど使節団が送られました。
 こうした際に江戸や京都の出版者らが刊行したのが「琉球もの」と呼ばれる、琉球使節を中心に扱った多種多様な本で、この本もそうした本の一つです。
 政治的には複雑な関係がありましたが、琉球王国と当時の日本(大和文化圏)との親交を深め、様々な文化交流が行われる重要な歴史的いとなみであったといえるのでしょう。

 琉球使節が江戸を訪問するたびに刊行される「琉球もの」は、一枚刷りの「琉球人行列図」をはじめ行列見物のガイドブックのようなものがほとんどでしたが、こうした機会に新井白石(あらい・はくせき)の『南島志(なんとうし)』(1719年)や森島中良(もりしま・ちゅうりょう)の『琉球談(りゅうきゅう・ばなし)』(1790年)など、人々に最新の正確な琉球王国の情報を提供しようとする本も次々と刊行されました。琉球使節というイベントの影響力の大きさがうかがえます。当時の日本(大和文化圏)の人々は、琉球王国の使節をまるで竜宮からの使者のように思っていたようです。 (※行列全体の構成については「調査ノート」参照)。

 江戸を訪れる琉球人使節は「江戸立ち」と呼ばれ、その一員に選ばれることはとても名誉なことでした。しかし片道2000キロ、江戸滞在の約1ヶ月半を含め一年弱の旅は、かなり苛酷なものだったようで、道中、病気などで亡くなる人もありました。しかし琉球使節として重い責任を果たすと共に見聞を広め帰国した人々は、行政に文化に大活躍します。

 この本は、琉球王国の尚灝王(しょう・こう・おう)の即位を認め祝ってもらった返礼に、琉球使節が江戸を訪問した天保(てんぽう)3年(1832)に刊行された本です。とはいえ、この本ではこの年の琉球使節について詳しく記録しているものではなく、様々な本の情報を引用しながら琉球王国について紹介した本です。 
 古くは『隋書(ずいしょ=中国の史書。636~656年成立)』に掲載される琉球について紹介し、さらに「日本」との関係を中心に鎌倉時代、室町時代を経て薩摩藩による琉球侵攻について概説し、その後の琉球使節についても触れています。ただし琉球使節については、前回である文化3年(1806)までの記録しかありません。琉球使節見物のガイドブックとは随分、性格の異なる本であることが分かります。
 この本の後半では、広く流布する琉球に関する情報や文献について意見を述べています。例えば『薩琉軍談(さつりゅう・ぐんだん)』という軍記ものについては、1609年の薩摩による琉球侵攻を題材にしているものの、全くのフィクションで信頼できないと述べています。全体として、この時代以降、次第に大きく動き出す世界情勢に反応して、琉球が「日本」に従属的な位置にあるという見方を確認し、広めようという意図の見られる本です。

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『琉球使節、江戸へ行く!』(沖縄県立博物館・美術館 展覧会図録 2009年)
『琉球使節の江戸上り』(宮城栄昌 著 第一書房 1982年) ほか

(調査ノート)
・一般的な琉球人行列の隊列は、馬上人物・御輿(みこし)人物を中心にみていくと、先乗(さきのり=道案内役。大和風装束の薩摩藩の侍ら) ~儀衛正(ぎえいせい=行列と行列で行われる路次楽(ろじがく=中国風音楽)の統括責任者 ) ~(路次楽・楽人) ~ (献上物や引かれていく馬に続き) ~ 圉師(ぎょし=献上する馬などを管理) ~(「豊見城王府」と書かれた板に続き)~ 掌翰使(しょうかんし=文書を管理) ~ 正使(せいし=琉球国王の代理であるこの使節の代表。) ~ 副使(ふくし=正使の補佐役。) ~讃儀官(さんぎかん=副使の補佐。) ~ 楽正(がくせい=祝宴の音楽行事の責任者) ~ 楽童子(有力な家の元服頃までの少年たちで行列の花形。祝宴などで詩歌(しいか)、書画、歌舞を披露した。ヒゲが無いので区別できる) ~ 楽師(がくし=祝宴の音楽会の楽器奏者) ~ 正使・副使・讃儀官従者(さんぎかん・じゅうしゃ)ら ~ 最後に後見の大和風装束の武士(薩摩藩士)と続く。さらにそれぞれの要職の人物の近くを従者らが歩いて行く。

(鶴田大)
しばらくお待ちください