六諭衍義大意 (りくゆえんぎたいい)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 詳細解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『六諭衍義大意(りくゆえんぎ・たいい)』「高島本」(第2版 1899年(明治32) 9月) 室鳩巣(むろ・きゅうそう)・編 高島嘉右衛門(かえもん)・刊 解説
(※ここでは主に『六諭衍義大意』という本について述べます。『六諭衍義大意』「高島本」(第二版1899年刊)について詳しくは「詳細解説文」をご覧下さい。)

 『六諭衍義大意』(以下、「大意」と記します)とは、中国明朝(みんちょう)の初代皇帝が人々に与えたとされる六つの教え(=六諭)の解説書です。中国の文人らが作成した解説書が『六諭衍義』で、さらにそれを日本語訳した解説書が「大意」です。六つの教えとは「孝順父母(こうじゅん・ふぼ=父母を大切に。)」、「尊敬長上(そんぎょう・ちょうじょう=年長の人を尊敬すること。)、「和睦郷里(わぼく・きょうり=地域の人々と仲良く助け合うこと)」、「教訓子孫(きょうくん・しそん=子供たちに幼少の頃から道徳をよく教えること)」、「各安生理(かくあん・せいり=それぞれが生まれ持った資質や環境に合った生活を心がけ勤勉に働くこと)」、「毋作非為(むさく・ひい=悪いことをしてはいけない。)」という平易な、しかし実行の難しい日常道徳です。
 
 「大意」について注目すべき点は主に三つです。一つはこの本の元である『六諭衍義』を中国から持ち帰ったのが、琉球を代表する政治家・文人の程順則(てい・じゅんそく)であったこと。二つめは、その本が江戸幕府に伝えられるとさっそく翻訳され、「大意」として、全国の寺子屋(てらこや=学習塾)などの教科書となり、序文(またはあとがき)に記された「琉球・程順則」の名が全国に知れ渡ったこと。三つめは、約200年にわたって少しづつ内容の異なる「大意」諸本(しょほん)が刊行され読み継がれた「大意」について、近代沖縄を代表する歴史学者・東恩納寛惇(ひがしおんな・かんじゅん)が本格的な研究を行ったこと(=その結果、「大意」が江戸時代の風紀取り締まりである享保(きょうほう)・寛政(かんせい)・天保(てんぽう)の三大政治改革の際に数多く刊行され、改革に大きな役割を果たしたと明らかにしたこと)、以上の三点です。

 東恩納寛惇は研究の際に多くの『六諭衍義』と「大意」の木版本、それらの筆写本を収集しましたが、それらのほとんどが沖縄県立図書館に収蔵されていて、「六諭衍義」関係の日本最大のコレクションとなっています。数多く刊行され、あるいは筆写(ひっしゃ)された「大意」諸本の一冊一冊の内容の差はわずかなものですが、多くの「大意」を詳しく調査することで寛惇は「六諭衍義」文化の詳細を具体的に明らかにするとともに、上記のような重要な史実を明らかにしました。着眼点によって巨大な歴史の流れが明らかとなったのです。

(鶴田大)

詳細解説文

『六諭衍義大意(りくゆえんぎ・たいい)』「高島本」(第2版 1899年(明治32) 9月) 室鳩巣(むろ・きゅうそう)・編 高島嘉右衛門(かえもん)・刊  詳細解説文

 『六諭衍義大意』(以下、「大意」と記します)とは、中国明朝(みんちょう)の初代皇帝・太祖(たいそ)が人々に与えたとされる六つの教え(=六諭)についての解説書です。中国の文人らが作成した解説書が『六諭衍義』で、さらにそれを日本の漢文学者らが日本向けに翻訳した解説書が「大意」です。六つの教えとは「孝順父母(こうじゅん・ふぼ=父母を大切に。)」、「尊敬長上(そんぎょう・ちょうじょう=年長の人を尊敬すること。)、「和睦郷里(わぼく・きょうり=地域の人々と仲良く助け合うこと)」、「教訓子孫(きょうくん・しそん=子供たちに幼少の頃から道徳をよく教えること)」、「各安生理(かくあん・せいり=それぞれが生まれ持った資質や環境に合った生活を心がけ勤勉に働くこと)」、「毋作非為(むさく・ひい=悪いことをしてはいけない。)」という平易な、しかし実際に実行するとなると難しい日常的な道徳です。

 この「高島本」は明治期の横浜の私立学校経営者である高島嘉右衛門が当時の小学校の修身(しゅうしん≒道徳)の教科書として刊行したものです。全国の学校へも寄贈されたようで、1889年の初版(→資料ID1002122859)に続き、この第二版(1899年)、さらに第三版(1908年 →資料ID1002122974)と版を重ね、「大意」諸本の中でも最も多く現存している本とみられています。第一~第三版の内容は全く同じです。(末尾の出版年月日が変更されているだけです。)
 内容は室鳩巣の『六諭衍義大意』(1722年)の本文をそのままに、新たに版木(はんぎ)を刻んで木版本として刊行したもので、室鳩巣の序文とあとがきが省かれ、代わりに高島自身の刊行者あとがきが記されています。それによると明治以降、西欧の科学が導入され知識が高まったが、道徳教育が衰退していく恐れがあるので、儒教(じゅきょう)的精神に基づくこの本が広く読まれるように、あらためて刊行した、とあります。
 また、あとがきの冒頭に「この本は琉球・程順則(てい・じゅんそく)」の著作で、室鳩巣が翻訳した」とあります。実際には、程順則は中国で『六諭衍義』を見つけて自費出版し、琉球~江戸(大和文化圏)へ伝えた「文化移入者(≒伝導者)」です。「高島本」は多くの人が読んだ本ですから、程順則の名は『六諭衍義』の著者として広く知られることとなったと考えられます。

 ところで「大意」については、注目すべき点は主に三つあります。一つはこの本の元である『六諭衍義』を中国から持ち帰ったのが琉球・程順則(てい・じゅんそく 1663-1734)であったこと。二つめは、程順則が伝えた本が和訳され、「大意」として、全国の寺子屋(てらこや=学習塾)などの教科書となるとともに、序文(またはあとがき)に記された「琉球・程順則(てい・じゅんそく)」の名が全国に知れ渡ったこと。三つめは、約200年にわたって読み継がれた「大意」について、近代沖縄を代表する歴史学者・東恩納寛惇(ひがしおんな・かんじゅん)が本格的な研究を行い「大意」の歴史的意義が明らかにされたこと、以上の三点です。

 一点めについては、琉球王国時代を代表する政治家・文人である程順則が『六諭衍義(りくゆ・えんぎ)』を中国でみつけ、初学者の教育書として優れていると判断し、のちに自費で刊行し、それを琉球に持ち帰ったのが1708年です。教育書として実用的であると判断されたのは、『論語』などの古典と異なり、内容も平易で、しかも実用的な同時代の官話(かんわ=中国の標準的な話し言葉)で書かれていたためです。琉球文化の伝統である「交易」が文化的な面において現れた一例といえます。

 二点めについては、程順則が刊行した『六諭衍義』が薩摩藩を通して将軍吉宗(よしむね)に伝えられた際、吉宗は民衆教化の本として高く評価し、公的な事業として、翻訳・刊行されたという経緯があります。当初は公的な刊行でしたが、その後、各出版者が刊行の許可を得ました。主要な木版本や特徴的な内容を持つ筆写本だけで30種類以上が確認されています。(※「調査ノート」参照)
 また、どの「大意」序文冒頭付近(またはあとがき)にも、『六諭衍義』は「琉球の程順則」が中国で刊行し、それが日本へ伝えられ翻訳され広く普及した、とあり、程順則の名は全国的に知られるようになったのです。

 三点めについては、沖縄学の創始者の一人とされる東恩納寛惇が、ライフワークの一つとして取り組んだのが『六諭衍義』とその和訳本である「大意」の研究ということです。その成果は「六諭衍義伝」などの論文にまとめられています。
 それによると、『六諭衍義』は1721年、将軍吉宗の手許(てもと)にまで至ると、庶民のための読み書き・道徳の教科書としてふさわしいとの判断から、さっそく漢文学者である荻生徂徠(おぎゅう・そらい)と室鳩巣(むろ・きゅうそう)によって和訳され「大意」として全国の寺子屋に行き渡ることとなります。 
 また江戸時代の間に「大意」が多く刊行された時期をみると、ちょうど江戸時代の三つの大きな政治改革期である「享保の改革」(1716-1745)・「寛政の改革」(1789-1800)・「天保の改革」(1830-1843)の時期とほぼ重なっていて、こうした政治改革に「大意」が大きな役割を果たしたであろうことが明らかとなりました。

 東恩納寛惇は研究の際に多くの『六諭衍義』と「大意」の木版本、それらの筆写本を収集しましたが、そのほとんどが沖縄県立図書館に収蔵されていて、『六諭衍義』関係の日本最大のコレクションとなっています。

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『東恩納寛惇全集 8』(第一書房 1980年) ※「六諭衍義伝」等収録。
『程氏本 六諭衍義』(沖縄県立図書館資料叢書 第1巻 1980年) 
※程順則が中国で刊行した木版本『六諭衍義』の複写版で、解説が付されている。
『江戸の教育力』(高橋敏 著 ちくま新書 2007年)

(調査ノート)
・「六諭衍義」関連年表(「六諭衍義伝」「六諭衍義物語」(『東恩納寛惇全集 8 』収録)を元に作成。)
1388年:明(みん)の初代皇帝・太祖(たいそ)の訓示(くんじ)である「教民榜文(きょうみん・ぼうぶん)」が示される。(「明史芸文志」による) ※この一部が六諭(りくゆ)として独立していく。
1640年頃:明末・清初(みんまつ・しんしょ)にかけて盛んにもてはやされた。
1680年頃:范鋐(はんこう)、『六諭衍義』を作る。
1684年:程順則、中国福州で『六諭衍義』を初めて出会い、師である竺天植(じく・てんしょく)より譲り受ける。
1708年:程順則、福州琉球館にて『六諭衍義』を刊行する。(『程氏本(ていし・ぼん) 六諭衍義』)
1714年:『程氏本 六諭衍義』が薩摩藩に献上される。
1721年:島津吉貴(よしたか)、『程氏本 六諭衍義』を幕府に献上。
同年  :将軍吉宗(よしむね)、『六諭衍義』の注釈を漢学者・室鳩巣(むろ・きゅうそう)に命ずるが、俗語で書かれていて注釈不可として辞退。
同年9月:将軍吉宗、今度は漢学者・荻生徂徠(おぎゅう・そらい)に注釈を命ず。
同年9月:徂徠、注釈を作成する。
同年11月:序文を付して『官刻(かんこく) 六諭衍義』刊行。
1722年:室鳩巣『六諭衍義』の翻訳を命ぜられ翻訳版である『六諭衍義大意』を作成。
同年4月:『官刻 六諭衍義大意』(江戸版・初版) 刊行。
同年8月:『官刻 六諭衍義大意』(京都版・初版)刊行。
※この後、明治末年に到るまで、『賜板(しはん)六諭衍義大意』、『六諭衍義小意』、『六諭衍義抄(しょう)』等、名称や内容を少しづつ変更しながら、多くの出版者らにより「享保の改革」(1716-1745)・「寛政の改革」(1789-1800)・「天保の改革」(1830-1843)の時期を中心に数多くの『六諭衍義大意』が刊行された。東恩納寛惇が収集した本は86種(121冊)に及ぶ(「六諭衍義伝」序文)。

・東恩納寛惇が「琉球海外交易史」や「琉球地誌」等と並んでライフワークとして取り組んだのが「六諭衍義」関係の研究。
・この研究が成立した背景として、一つには郷里である沖縄の偉人である程順則を顕彰(けんしょう)する目的があり、もう一つには当時の国家主義・伝統主義が大きく影響していると考えられる。(一連の『六諭衍義』関係の最大の論文「六諭衍義伝」の刊行が昭和18年(1943)。これは太平洋戦争開戦の翌々年に当たる。)
・「六諭衍義伝」の寛惇自身の序文にも、「西洋流の教育が自立の精神を養う事に重点を置き過ぎた結果」として伝統的な相互扶助の精神が失われた。『六諭衍義』はこうした東洋伝統の相互扶助の精神を説く書であり、ここに出版することとした、という趣旨が記されている。(※但し、この当時は出版・言論統制が厳しくなる時期であり、時事問題を引き合いにする寛惇の記述は、やや差し引いて考える必要がある。この時期に出版された本の序文の多くには、伝統的な東洋や日本を礼賛する一言がみられる。)
・『六諭衍義大意』は、伝統的な道徳観を記したものだが、実際の出版状況などからみても、幕府による風紀取り締まり(ふうき・とりしまり=政治・経済・社会・文化活動の統制・監視)にふさわしい道徳書として利用・活用されたという面を持っていた。
 江戸の三大改革とされる「享保(きょうほう)の改革」「寛政(かんせい)の改革」「天保(てんぽう)の改革」の頃に「大意」が多く出版されたという東恩納寛惇の研究結果がそれを物語っている。
・ところで、政治改革期(風紀取り締まり期)と文化的隆盛期は相反するところがある。
 江戸時代において文化史的に評価されるのは「寛永(かんえい)文化」(1624-1645を中心とする江戸時代初期のいわゆる文芸復興期とされる文化。探幽(たんゆう)や宗達(そうたつ)が画家として活躍。小堀遠州(こぼり・えんしゅう)、光悦(こうえつ)らが茶の湯文化や出版・書に活躍)、「元禄(げんろく)文化」(1688-1707を中心とする江戸時代中期の文化。近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん)が人形浄瑠璃・歌舞伎作者として、竹本義太夫は義太夫節作者として、光琳(こうりん)は画家として、仁清(にんせい)は京焼に、芭蕉は俳句に活躍)、「化政(かせい)文化」(1804-1829を中心とした江戸後期の文化。これまでの京都・大阪中心だった文化と異なり江戸中心の文化で、北斎(ほくさい)・広重(ひろしげ)らの浮世絵、蕪村(ぶそん)・一茶(いっさ)らの俳句、『椿説弓張月(ちんせつ・ゆみはりづき)』の曲亭馬琴(きょくてい・ばきん)らの文学が知られる)という三つの時期。
 江戸時代初期の「寛永文化」についてはまだ幕府の政治体制が整っていない時期だったので、これに対応する改革(=取り締まり)は特に行われていないが、「元禄文化」の文化的熱狂に対しては「享保の改革」が、「化政文化」に対しては「天保の改革」が行われ言論統制などが厳しく行われた。また、その間に当たる「寛政の改革」の直前には「天明文化」と呼ばれるやはり文化史的に注目される時代(江戸時代を代表する出版者である蔦屋重三郎(つたや・じゅうざぶろう)やそこで活躍した浮世絵師・歌麿(うたまろ)や、作家・山東京伝(さんとう・きょうでん)らが活躍。)があるが、重三郎や京伝は寛政期の風紀取り締まりで処罰を受けている。
 このように『六諭衍義大意』が幕府の指導の下、多数出版され、寺子屋などの私塾で使用される時期というのは、文化的隆盛期に乱れた風紀を取り締まり、道徳教育を教化するという面を持っていた。その意味で文化的隆盛期と政治改革についての歴史的評価は大きく分かれる。当然、『六諭衍義大意』の歴史的評価も大きく分かれる。
・上記の件に関連する記述が「六諭衍義伝」序文で寛惇自身によって、なされている。
(以下、意訳)「・・・また考えてみると、享保・寛政・天保の政治、特にその堅実な庶民教育は、元禄・化政時代の乱れた社会を改革するものであって、その際に採用されたのが、この『六諭衍義』であった。・・・」

(鶴田大)
しばらくお待ちください