首里城正殿(沖縄神社拝殿)特別保護建造物修理工事関係資料 (しゅりじょうせいでん おきなわじんじゃはいでん とくべつほごけんぞうぶつしゅうりこうじかんけいしりょう)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上
次のページ
前のページ
0 /
画像を読み込んでいます…

  • 概要・解説文
  • 詳細解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

阪谷良之進(さかたに・りょうのしん)作成・編「首里城正殿沖縄神社拝殿特別保護建造物修理工事関係資料」解説

 この資料は1930年代(昭和初期)に、首里城の修理工事の担当主任(文部省技官)として活躍した阪谷良之進(1883~1941)が作成・保管していたものです。内容は工事の様々なことについて現場責任者の柳田菊造(やなぎだ・きくぞう)や現場職員の三林佐々一(みつばやし・ささいち)とやりとりした手紙や私的メモが中心で、当時の首里城修理の状況を知る資料として重要です。(資料の内訳については「詳細解説文」参照。)
 阪谷は首里城を含め、沖縄の歴史的建造物を数多く調査し、膨大な図面や写真・メモなどの資料を残しています。それらは「阪谷資料」と呼ばれ、その一部は沖縄県立図書館に所蔵されていて、この資料もその一つです(「調査ノート」参照)。これらの資料は元々、首里城正殿の補修や、県内の歴史的建造物を保存指定文化財とするための資料として作成された文書でしたが、その後、戦災(1945)により失われた首里城、識名園(しきなえん)などの再建に際しても重要な資料となりました。首里城や識名園が昔ながらの姿でみごとに再建された背景として、阪谷が残した資料が大きな役割を果たしたといえるでしょう。

 琉球王国が明治日本(大日本帝国)に併合され沖縄県が設置(1879)されると、それまで何百年も琉球王国の政治の中心となってきた首里城も住む人を失い、次第に荒廃していきました。1897(明治30)年に美福門(びふくもん)が倒壊したのをはじめ、首里城の正殿(首里城の主要な儀式が行われた最も中心となる建物)も台風・地震などで大きな被害を受けました。また、管理していた首里区の財政難から、中山門(ちゅうざんもん)、奉神門(ほうしんもん)なども次々と売却されていきました。
 こうした状況は日本全国で、多かれ少なかれ生じていました。文化財を保存する法律がなかったからです。しかし1897 (明治30) 年に「古社寺保存法(こしゃじ ほぞんほう)」制定により神社や寺院にある文化財が国宝として保護の対象となり、さらに、その対象を古社寺に限定しない「国宝保存法(こくほう ほぞんほう)」(1929)が制定されることで、やっと包括的な歴史的文化財の保存事業が全国で進められることとなりました。
 上記の法律に伴い、保護の対象となった首里城正殿も1928 (昭和3) 年から修理が着手され、1933(昭和8)年に一応の修復完成をみます。(阪谷が首里城修理事業と直接関わるのは文部省宗教局勤務となった昭和4年からとみられる。)
 
阪谷らの尽力でせっかく修復された首里城も第二次世界大戦で完全に破壊(1945)されます。首里城に沖縄県域の日本軍の(陸軍)総司令部が置かれたことは、今も私たちに歴史的文化財のありようについての深い問いかけを投げかけています。

 ところで首里城正殿は1924年に沖縄神社の拝殿(≒参拝をする建物)となり、1925年には国宝指定され保存対象となりましたがここにも複雑な文化史問題が含まれています。各県に「県社(けんしゃ)」を設置して宗教的にも統一を図ろうとする日本政府の方針は、本来、「御嶽(うたき)信仰」を中心とする琉球・沖縄の宗教的伝統とは相容れないものでしたが政府の方針を受け入れることで首里城正殿は保存対象となったわけです。また明治以前の沖縄県は琉球王国という主権国家であったわけですから、歴史的建造物の保存管理が明治政府の管轄下に入っていたという他県と異なる事情については特に注意する必要があります。

(鶴田 大)

詳細解説文

ここでは本資料の内訳について記します。
本資料は複数の手紙、メモなどから成り立っています。その内訳は下記の通りです。

1.「書簡(しょかん)五通 一通目」昭和6年3月31日付 三林佐々一書簡(阪谷良之進宛て):
首里の事務所から東京の阪谷宛てに修理工事の現状報告。地元民と国から派遣された職員との対立についての相談など、やや私的な内容も含む。
2.「書簡五通 二通目」昭和6年4月4日付 柳田菊造書簡(阪谷良之進宛て):
首里の現場責任者から東京の阪谷宛ての事務的な報告・相談。
3.「書簡五通 三通目」昭和6年4月5日付 柳田菊造書簡(阪谷良之進宛て): 資料2の手紙の追伸。
4.「書簡五通 四通目」昭和6年4月10日付 柳田菊造書簡(阪谷良之進宛て):
工事や人事に関する相談内容が中心。
5.「書簡五通 五通目」昭和6年6月1日付 柳田菊造書簡(阪谷良之進宛て):
工事の青写真を封入するという趣旨。また工事の詳細についての報告と相談。
6.「柳田菊造ヨリ阪谷へ 四月四日付 書簡ノ筆写 阪谷附記 資料二部」:
先の2、3の柳田書簡を受信者の阪谷が筆写してメモ(相談に対する回答など)を付したもの。
7.「沖縄神社拝殿ノ件 書簡及び気象その他工事関係資料」:
昭和5年8月に沖縄の工事事務所の主任に就いた柳田菊造から阪谷良之進への手紙をはじめとして、その後の多くの柳田らから手紙やそれをもとにした阪谷自身によるメモ書きが含まれている。メモ書きは予算・工事日程の変更案や人事・気象に関する図表など様々な内容を含む。
8.「電報三通他」:
阪谷が沖縄県庁や首里の工事事務所へ向けた電報下書き四通と、阪谷がそうした相手から受信した電報三通。
9.「新聞切抜」:
阪谷の来沖(1931(昭和6)年2月)以降となる昭和6年4月~昭和7年9月の沖縄の新聞切抜き5点。内容は工事の予算不足や人事異動、作業員のストライキ、などに関するもの。
10.「首里城写真」:
昭和6年6月6日に受け取ったという阪谷のメモ書きのある首里城(修理中)の写真2枚。「書簡五通 五通目」の添付資料と思われる。
※現行でも結構ですが、「書簡五通 五通目」(資料5)としたほうが把握し易いかもしれませんね。お任せします。
11.「首里城内柱の設計図」:
阪谷が作成したとみられる青焼き図面。古い時代の柱の構造と、阪谷着任以前の改修工事当初の原設計図通りに施工された柱図面などが描かれている。「書簡五通 五通目」の添付資料と思われる。
※資料10に同じ
12.「県社拝殿工費寄付金募集に関する私見 高安玉兔(たかやす・ぎょくと)他4件」:
首里城改修工事の主任となった阪谷が着任以前の書類をコピー(複写)して集めたものとみられる。内容は下記の通り。
・「県民から工事費用の寄付を募るのは困難」という趣旨の首里市職員 高安玉兔(たかやす・ぎょくと)の意見書のコピー(複写版)。
・「沖縄神社(首里城正殿)の氏子(うじこ)代表が県に対し、県民への寄付を募るよう求めて快諾されたという経過メモのコピー。
・同じく氏子代表から県に対し、工事相談役に氏子や県職員を入れることを請願した文書のコピー。
・有力な建築家 伊東忠太から県知事へ宛てた書簡(昭和3年3月31日)のコピー。内容は県の予算不足を考慮して国が工事費用を多く負担するよう働きかけるので、県側からも国に対して同様の訴えを行って欲しいというもの。
・首里市職員 高安玉兔から伊東忠太へ宛てた手紙(昭和3年1月10日)のコピー。内容は工事に関する沖縄県側の人員体制の報告と伊東の来沖時期についての問い合わせ。  
13.「沖縄神社工事差当(さしあた)リ入用(いりよう)ノ件 沖縄神社拝殿ノ件」:
阪谷が沖縄出張(昭和6年2月)した際に、工事事務所が既に使っていた予算について作成したメモ。「収支が合わずに監査から連絡が入った」という阪谷の書き入れがある。
14.「特別保護建造物 沖縄神社拝殿修理工事実施予算増額表」:
工事費用の大幅な増額を国に請求するための阪谷によるメモ書き。阪谷は結果的に増額に成功し、工事を無事完了させた。
15.「工程表」:
昭和3年(1928)着工~昭和7年末完了の当初の工事予定が昭和6年(阪谷の沖縄視察)時点で3分の1の進捗状況であることをグラフで明示した文書。工期延長を国に申請するための準備文書とみられる。
16.「新設計仕様書」:
阪谷が工事の担当となる以前の「原設計仕様書」に対する変更箇所などを箇条書きで記したメモ。箇条書きの番号は原設計仕様書の番号に対応するとみられるが原設計仕様書は本資料群に含まれていない。
17.「新旧設計比較表」:
阪谷が工事担当に着任して工事内容を調査して作成したとみられる工事にかかる資材についての新旧計画の比較表の試案メモ。木材、瓦、人件費、石材、塗装工事費など10項目ほどが挙げられているが、詳しく計算しているのは木材のみ。
18.「国宝建造物 沖縄神社拝殿修理工事購入木材内訳書」:
必要な木材の使用箇所、種類、サイズ、数量などが詳細な一覧表になっている。
19.「阪谷技師 出張予定 昭和五年十二月十八日記」:
予定では阪谷の出張は昭和6年1月、沖縄滞在は7日間となっている。実際には昭和6年2月に沖縄を約20日間にわたり視察している。
20.「阪谷技師 出張中の気象 昭和6年2月」:
阪谷が沖縄の工事事務所主任の柳田菊造などに依頼して詳細な気象データを取り寄せたものとみられるが詳細不明。
21.「沖縄神社拝殿工事視察要領」:
昭和6年2月の阪谷の沖縄視察実施とその報告書作成に備えて、阪谷自身によって作成されたメモとみられる。
22.「知事二御尋(おたづ)ネスル件 その他メモ」:
阪谷から沖縄県知事に向けて報告するべき工事の現状と、県の工事負担金、建築基準、類似の工事の事例など質問する内容について阪谷が作成したとみられるメモ。
23.「沖縄神社 特別保護建造物 修理工事臨時職制」:
国や県庁職員、地元民の間で良好な関係を築くことに配慮すべきことを記したメモ。
24.「工事現状」
25.「沖縄神社拝殿工事概況 昭和五年十二月十九日」
26.「沖縄神社拝殿工事 其後(そのご)の状況 昭和六月四月十六日」:
工事事務所主任の柳田菊造から工事現状を伝える書簡の要旨メモと報告と琉球新報に掲載された工事関係者の人事についてのメモ。 
27.「沖縄神社拝殿工事経過等に関するメモ」:
工事の人事・日程・予算・技術的問題に関する整理メモで、国に予算などを交渉するための資料として阪谷が作成したものとみられる。
28.「事件考察基準 昭和六年四月作成」: 修理計画全体の見取り図。阪谷作成とみられる。
29.「その他 資料七枚」: 工事経費に関する阪谷によるメモ。
30.「その他 資料二枚」: 「たぶのき」など使用する木材に関するメモ2枚。
 ※「たぶのき」について、資料に忠実にひらがな表記、結構と思います。
31.「その他 資料二枚」: 修理詳細に関する阪谷によるメモ。

参考文献・調査ノート

(参考文献)
・『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1983年刊)
※「首里城」ほか各項目参照。
・『首里城を救った男 阪谷良之進・柳田菊造の軌跡』(野々村孝男 ニライ社1999年)
※阪谷良之進について、遺族への取材や新資料の発見を含め、最も詳しく記されている。
・『沖縄県史 第6巻 各論編5 文化2』(沖縄県教育委員会 編・刊 1975年)
 ※検索の際は「沖縄縣史」。p.515-665「建築」。沖縄の建造物の歴史概説と共に、戦前の国宝指定一覧表が掲載されている。
 ※ページ表記は複数ページにわたる際にはpp.が現在、標準かと思いますが、ややわかりづらいので、
現在の表記でもよいかと思います。または「p.515-p.665」などでもよいかも知れません。お任せします。
・『甦る首里城 歴史と復元』(首里城復元期成会 編・刊 1993年)
・『名勝 識名園の創設』(おきなわ文庫 ひるぎ社 2000年刊)
・『沖縄県内文化財復元・修理等工事報告書集 4』(沖縄開発庁 1987年刊)
・『世界遺産 琉球王国のグスク及び関連遺産群』(沖縄県 2001年) 
・国指定文化財データベース(文化庁) 「首里城跡(しゅりじょうあと)」(web)
 → http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp
・Wikipedia 項目「首里城」(web)
→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E9%87%8C%E5%9F%8E ほか
・「首里城を復元する」(国建 ※復元過程が詳細に記載されている。)(web)
→ http://www.kuniken.co.jp/history/pdf/syashi10.pdf#search='%E9%A6%96%E9%87%8C%E5%9F%8E+%E7%99%BD%E9%8A%80%E9%96%80+%E5%BE%A9%E5%85%83

(調査ノート)
・「阪谷資料」は狭義には沖縄県立図書館所蔵の7点をさすが、広い意味では多くの所蔵機関・所蔵家が保管している阪谷が残した文書類全体をさす。
・阪谷良之進の残した資料は現在、沖縄県立図書館に『旧首里城図』(図面)、『識名御殿平面図』(図面)、『首里城付近ノ図』(図面)、『首里城正殿(沖縄神社拝殿)特別保護建造物修理工事関係資料』、『沖縄県下国宝指定建造物資料』(1931年)、『戦前の沖縄・奄美写真帳』(写真・1931年)、『国宝建築物修補資料』の七件が収蔵されている。これらの資料はどれも戦火をくぐり抜けて現存している貴重な資料であり、戦後沖縄の歴史的建造物再建に大きな役割を果たした。
・首里城が1924年に取り壊しを免れたいきさつについては有名なエピソードがある。当時、維持管理のたいへんさから取り壊しが決定されていたが、その知らせを聞いた鎌倉芳太郎(かまくら・よしたろう 沖縄県で教員として勤務し、やがて文化史家・美術家として活躍)はすぐさま、伊東忠太(いとう・ちゅうた 当時の代表的な建築家で歴史的建造物の研究・保存に関しても重要な立場にあった)に危機を伝えた。それを聞いた伊東は政府担当機関(内務省 ないむしょう)に取り壊し工事中止をかけあい、了解を取り付けた。そこで電報が沖縄へ打電され、工事開始直前に取り壊しが中止されたという。
・沖縄県立図書館の「阪谷資料」の入手のいきさつについて野々村孝男氏著作(1999年 ※「参考文献」参照)に下記のように記述されている。
「(・・・)沖縄県立図書館の「阪谷資料」は、一九八二年(昭和五十七)、東京で開催された明治古典会主催の「七夕大入札会」の目録の中から「沖縄学術調査文献」として競売に出されていることを発見し、東京の古書店を通じて購入されたものである。この阪谷資料を沖縄県立図書館が入手するために奔走したのが、当時文書課長であった宮城保さんである。多くの沖縄関係コレクターとの激しい競争入札のなか、予算の制約を受けながら、当時の大城宗清館長の協力と理解を得て、阪谷資料を沖縄県立図書館が入手した。(・・・)」
・首里城は現在、「首里城跡」として国の史跡名勝天然記念物に指定されている。
・戦前(1945年以前)に国宝指定された建造物(24件)は下記の通り。
○波上宮 朝鮮鐘(1908年指定。1945年損壊。竜頭残欠が沖縄県立博物館に、拓本が沖縄県立図書館に所蔵されている。)  ○首里城正殿(1925年指定。1945年亡失。1992年復元。)  ○首里城守礼門(1933年指定。1945年亡失。1958年復元。)  ○首里城歓会門(1933年指定。1945年亡失。1974年復元。)  ○首里城瑞泉門(1933年指定。1945年亡失。1992年復元。)  ○首里城白銀門(1933年指定。1945年亡失。1999年復元。) ○円覚寺総門(1933年指定。1945年亡失。1968年復元。)  ○円覚寺右掖門(1933年指定。1945年亡失。1968年復元。)  ○円覚寺左掖門(1933年指定。1945年亡失。1968年に一部復元。)  ○円覚寺放生橋(1933年指定。1945年一部損壊。1967年復旧。)  ○円覚寺三門(1933年指定。1945年亡失。)  ○円覚寺仏殿(1933年指定。1945年亡失。)  ○円覚寺龍淵殿(1933年指定。1945年亡失。)  ○円覚寺鐘楼(1933年指定。1945年亡失。)  ○円覚寺獅子窟(1933年指定。1945年亡失。)  ○崇元寺総門(1933年指定。1945年一部損壊。1953年復旧。)  ○崇元寺右掖門(1933年指定。1945年一部損壊。1953年復旧。)  ○崇元寺左掖門(1933年指定。1945年の戦災を免れ現存する。)  ○崇元寺第二門(1933年指定。1945年亡失。)  ○崇元寺正廟(1933年指定。1945年亡失。)  ○園比屋武御嶽石門(1933年指定。1945年一部損壊。1956年復旧。)  ○末吉宮本殿(1936年指定。1945年一部損壊。1972年復旧。)  ○沖宮本殿(1938年指定。1945年亡失。)  ○弁が嶽石門(1938年指定。1945年亡失。) 以上24件。

附録閉じる

閉じる首里城正殿高解像度の画像を表示(640px × 480px)
那覇市首里当蔵町・首里城公園

しばらくお待ちください