金谷園 (きんこくえん)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

向兆麟(しょう・ちょうりん) 筆 漢詩文「金谷園(きんこくえん)」 解説  

 

 向兆麟は奥平朝宜の唐名(からな=中国名)です。「向」という姓から王族であることがわかりますが詳しい経歴は不明です。1863年には親方(ウェーカタ)位にあったことが知られます。ともあれ書については「中山楽童子(ちゅうざんがくどうじ)」という署名があるので、将軍や琉球王の代替わりの際の「江戸立(えどだち)」に参加した際の書であることがわかります。1800年代のいつの江戸立かは不明です。兆麟が「中山楽童子」と署名している書作品はいくつか現存しています。楽童子とは江戸の将軍らに挨拶に行く琉球使節の花形です。道中や江戸で座楽(ざがく=音楽)や歌舞、またこうした書などを披露するのです。有力な士族の子弟で、およそ元服(15歳)頃の少年ですが、書を見る限り、相当の教育を受けていることがうかがえます。何しろ、琉球王国を代表して江戸まで行くのですから、たいへんなプレッシャーだったでしょう。

 書も「席画(せきが)」といって、たくさんの人々の前で披露することが多かったようです。さすがに書の内容は自作ではなく、古くから知られている教訓的な言葉や古詩が一般的だったようです。

 この古詩の内容は「金谷園(きんこくえん)は春を迎え柳の若葉が辺り一面に揺れている。それは舞踊する姿のようだ。何ともこのうえない風景だ。さあ一人、洛陽への橋を渡っていこう。」というほどの意味です。金谷園は西晋(せいしん)時代(265-316)の貴族、石崇(せきすう)の広大な荘園(しょうえん=別荘)のことです。ほど近い洛陽(らくよう)に中国歴代の多くの王朝が都を置いたことから数々の有名な宴会が開かれ、また金谷園を題材にした名詩が多く詠まれました。

 
(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『未公開作品による琉球王朝の書画』(観宝堂 1992年)
『琉球の書画展』(那覇市企画部文化振興課 編 1990年)
『琉球使節の江戸上り』(宮城栄昌 著 第一書房 1982年)
『琉球使節、江戸へ行く』(沖縄県立博物館・美術館 2009年)
『漢詩の事典』(松浦友久ほか編 大修館書店 1999年)ほか

(調査ノート)
・五言絶句、四行書、軸装。
・向兆麟の書は『未公開作品による 琉球王朝の書画』p60に掲載あり。「峰」一文字で江戸上りの際の書で「中山楽童子向兆麟」と署名がある。草書であり、本作品の行書とは書風が異なる。
・『琉球の書画展』には漢詩文二行書の掲載があり、こちらは書風が似通う。
(鶴田大)
しばらくお待ちください