沖縄島-第六師管琉球国- (おきなわじま だい6しかんりゅうきゅうこく)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『琉球管内図(りゅうきゅう・かんないず)』(陸地測量部 編 明治23年(1890)刊) 解説

 沖縄本島と周辺離島(久米島まで)を掲載した明治時代の地図で、縮尺は20万分の1です。近世(江戸時代)までのほとんどの地図と異なり、全面的にヨーロッパの測量技術を採用して作成した地図となっています。近世の諸地図と比べてみるのも興味深いことです。

 また近世に作成された多くの琉球地図との大きな違いは、この地図が、広い世界への好奇心によって作成されたものではなく、明確に軍事目的で作成されたということです。地図を作成した「陸地測量部」は大日本帝国陸軍参謀本部に属する部門です。また地図の枠外に見られる「第六師管」というのはやはり大日本帝国陸軍の管区(=管理区域)のことです。明治21年の改編に伴い、沖縄は第六師団の管理区域となりました。このため、この地図には「第六師管」とあるのです。
 こうした地図は精度を落として自治体などから民間用に使用されることもありましたが、詳細な標高や海底地図などの掲載された地図は軍事機密とされました。のちに軍事用の詳細地図の書式が整っていくと、より詳細な地図には「軍事極秘(戦地ニ在リテハ軍事秘密トス)」などの文字が記入されていくことになります。

 地図には一般行政・日常生活のためのもの、知見を広め教養を深めるために作成されたものなど、様々なものがありますが、「政治的な混乱状態」である「戦争」に備える意図を持って精度の高い地図が作製されてきたというのもまた人類の歴史の一面でしょう。

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『日本国語大辞典』全14冊(小学館 2001年刊 )
『国史大事典』全17冊(吉川弘文館 1997年刊)
ほか

(鶴田大)
しばらくお待ちください