鄭嘉訓 書 (ていかくん しょ)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文

概要・解説文

鄭嘉訓 書 [沖縄県立図書館蔵] 114.5×47.0cm

 

 鄭嘉訓(古波蔵親方。1767~1832年)は、近世琉球を代表する書家です。1806年、尚灝(しょうこう)王即位の謝恩に際し、路次楽主任である儀衛正として江戸へ赴きました。1814年に進貢副使の大役を務め、1824年には久米村の最高位・総理唐栄司に昇りました。鄭嘉訓の能書家としての名は薩摩まで聞こえ、求めに応じて揮毫したことが何度もあったと家譜に記されています。1816年には、藩主島津斉興に招かれて、書の指導にあたりました。詩は、元末明初の詩人・丁鶴年(1335~1424年)の作品。戦乱に追われて離れた故郷へ十数年ぶりに帰る喜びを詠んだ詩「長江萬里図」を、のびやかな筆で書いています。「ようやく、はるかに流れる長江まで辿りついた。私の故郷はいったいどこだろうか。雨が晴れて、木々の緑が鮮やかになった。遠くに、懐かしい都・漢陽が見えた。」

(下地智子)

 

引用元:琉球大学附属図書館 沖縄県立図書館 沖縄県立博物館・美術館 三館合同企画展『宝庫からのメッセージ~琉球・沖縄の貴重資料』 p30 (2010)

しばらくお待ちください