東恩納寛惇より新垣美登子女史への書 (ひがしおんなかんじゅんよりあらかきみとこじょしへのしょ)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文
  • 詳細解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

 ここに書かれているのは『老子(ろうし)』の一節です。意味は「本当に門を閉ざす者はカギなど使わない。本当にヒモを結ぶ者はがんじがらめの縄など使わない。」という意味です。まっすぐに理想をうたう『論語』に対して、無為自然を説く『老子』は一読すると矛盾しているようで実は真実味があることを語ります。どちらも同じ頃に成立した中国の古典ですが、歴史的にも正論の『論語』に対して、『老子』は反語・反逆の思想として対置され、東アジアの歴史に大きな影響を与えて来ました。
 この『老子』の一節を揮毫(きごう)したのは、歴史学者・東恩納寛惇(ひがしおんな・かんじゅん 1882~1963)です。寛惇は伊波普猷(いは・ふゆう)などと並んで沖縄学の創始者の一人とみられている人物です。「虬州(きゅうしゅう)」は寛惇のペンネーム(雅号 がごう)で、琉球のことを意味しています。
 書を贈られたのは作家・新垣美登子(あらかき・みとこ 1901~1996)です。美登子は早くから小説家として活躍し、戦前・戦後を通して沖縄出身の女性の作家として広く知られました。若い頃は東京で活躍しましたが、後年は那覇で美容室を経営して最晩年まで執筆を続けました。寛淳没後の美登子による随筆に以下のような内容が記されています。
〔美登子の日本女子大学入学に際して在京の寛淳が身元引受人になった縁だったがその後、疎遠だった。戦前に那覇の遊郭(ゆうかく)の辻を舞台に小説を書いたところ寛淳が不快感を持っていると伝え聞いた。戦後の1958(昭和33)年11月に帰沖した晩年の寛淳を皆で歓迎した。小説のことで恐れていたが実際に会うと上機嫌で「美登子は天衣無縫だね」と寛淳は笑顔で言った。皆で北部の伊野波、謝敷、源河などの歌碑巡りの旅行へ出かけ楽しいひとときを過ごした。その後、美登子らは東京へ行き、寛淳の再婚の世話をしようとしたが、寛淳が以前と異なり「ひっそりした態度」だったので再婚を勧める話は取りやめた。寛淳没後、美登子の手許には寛淳の書『天衣無縫』と『老子の詞』が残された。〕
 本資料は1958年の寛淳の帰沖の際などに美登子へ贈られ、美登子没後に東恩納文庫の所蔵となったようです。

 堅物(かたぶつ)として知られ、堅実な学風で知られるアカデミックな学者である寛惇が『論語』の一節を書くことは容易に想像できるのですが、反逆の思想ともされる『老子』の一節を書くのは非常に意外で、興味深いことです。
 寛惇はこの書以外にも美登子の随筆にも出てくる寛淳の言葉、「天衣無縫」という書を美登子へ贈っています。作文法の極意を示すかのようなこの文言は、分野は違っても同じ文筆で生きている二人に共通の理想です。『老子』と「天衣無縫」、どちらも郷里の先輩が後輩を思い遣って贈った書として、その決して上手とは言えない書跡(しょせき)の味わいと共に、心温まるものがあります。
(鶴田 大)

詳細解説文

 『老子』の一節は通常、下記の通りです。
「善閉無関楗、而不可開。善結無縄約、而不可解。」
(≒よく閉ざすものは楗関無くして、しかも開くべからず。よく結ぶものは縄約無くして、しかも解くべからず。)
  一方、寛惇が揮毫した『老子』の一節は、意味は同じですが字面が異なり下記の通りです。
「能閉者無関楗、而不可開者。能結者無縄約、而不可解者。」
読みやすいように心配りをしたのかもしれません。
  また、書の左側に書いてあるのは下記の通りです。
「右老子之言 為新垣美登子女史  虬州学人書」
〔≒右は『老子』の一節です。新垣美登子さんに贈ります。 虬州学人書(きゅうしゅう がくじん しょ ※虬州は寛惇のペンネームで「琉球」の意味。学人は学者ほどの意味。)〕
  なぜ寛淳は『老子』の一節を贈ったのか。これは想像ですが、堅物の歴史学者・寛惇にとっては、美登子の描く小説の男女の複雑な関係や人情の機微はなかなか手強(てごわ)いものだったのではないでしょうか。そういう小説を描く美登子に『論語』の一節を書いて贈るわけにも行かないというわけです。実はこの書の一節が含まれる『老子』第27章には、その後に堅物学者・寛惇と世間の実相を描く美登子の関係を示すかのような一節があります。それは「善人は不善の人の師になるし、不善の人は善人の師となる」(「・・・(前略)善人者、不善人之師、不善人者、善人之資(後略)・・・」)という部分です。寛惇がほんとうに書きたかったのはこの部分だったように思えます。寛惇と美登子、どちらが本当に善人なのか寛惇は明らかにしませんが、どちらにしても、寛惇と美登子は立場が大きく異なっていて相容れない。寛惇は「自分は正しいつもりで生きているが、あるいはあなたにとっては偽善者かもしれない。それでも「不善の人は善人の師となる」のだから、そう思って精進してください。」という意味を込めていたのでは、と想像がふくらみます。
 寛惇と美登子のつながりについては千原繁子も、随筆集『カルテの余白』(若夏社 1978年)で以下のように、美登子が那覇の遊郭(ゆうかく)である辻を舞台に新聞小説『花園地獄』を書いたことに対する寛惇の反応やその後の交流などについて述べています。
(前略・・・)東京の東恩納寛惇先生から新聞社の親泊政博氏に物言いがあった。「女だてらに辻の内面をかくとは汚らわしい。沖縄ではそんな″手合い"を女流作家というのか。」と。その後、20数年がすぎ、戦後の沖縄を訪れた東恩納先生は、いとこに当たる新嘉喜家に滞在して、大勢の知人との久闊を喜び語っていた。そこへ美登子さんは女子大時代の保証人であった関係で挨拶に行った。″手合い"といわれた記憶もこの人には何のその、いっこうに通じなかったらしく、又先生も喜んで、明日「伊野波の石くびり」を訪ねるから連れて行くとおっしゃった。(・・・後略)
(鶴田 大)

参考文献・調査ノート

(参考文献など)
・『老子』(小川環樹 訳注  中公文庫 第27版 1992年刊)
・『日本国語大辞典』(全13巻 小学館 2006年刊)
 ※電子版2016年2月18日閲覧。
・『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1983年刊)
 ※「東恩納寛惇」「黄色い百合」ほか各項目参照。
・新垣美登子「古武士の情熱」(「東恩納寛淳全集 付報9」 第一書房 1981年)
 ※解説文に記した寛淳と美登子の交流について記されている。
・『沖縄文学全集』(全20巻 国書刊行会 1990年~2016年現在刊行中)
 ※第6巻「小説1」に新垣美登子「手袋」掲載あり。
・千原繁子『カルテの余白』(若夏社 1978年刊)
 ※東恩納寛惇と美登子のつながりについての記述がある。(「詳細解説文」参照。)
・HP『琉文21』に寛惇と美登子が仲良く写真に収まっている記事がある。
 「1978年9月 千原繁子『随想集 カルテの余白』」
          :http://ryubun21.net/?itemid=8048
・琉球新報記事(新垣美登子 逝去記事 1996年12月10日)
 → http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-86255.html

(調査ノート)
・新垣美登子 逝去記事(琉球新報 1996年12月10日)
「沖縄の女流作家、自立する職業女性のさきがけだった新垣美登子(あらかき・みとこ)さんが9日午後4時19分、老衰のため入院先の那覇市首里石嶺のオリブ山病院で死去した。96歳だった。 自宅は那覇市久茂地3ノ2ノ12。告別式は12日午後3時から4時、那覇市楚辺292、那覇バプテスト教会で。喪主は妹の大城藤子(おおしろふじこ)さん。 新垣さんは1901年、那覇市生まれ。県立第一高女卒、日本女子大国文科中退。放浪詩人といわれた池宮城積宝と結婚するが、3カ月で別居。帰郷して県庁に勤める。30年、「うるま美粧院」を開業。35年小説「花園地獄」を琉球新報に連載。 戦後、「みと美粧院」を開業し、54歳で文筆活動を再開するが、66年眼底出血で失明。79年、手術で奇跡の開眼、新聞紙上で話題となった。82年、琉球新報に自伝小説「哀愁の旅」を連載。84年には83歳記念誌「那覇女の軌跡」を刊行した。」
・『東恩納寛惇全集』第10巻の「日記抄」などを詳細に調査したらこの書を美登子にいつ贈ったか、また美登子の小説に対する寛惇の批評などが見つかるかもしれないが通覧したところ未見。
(鶴田 大)

しばらくお待ちください