安南國王府の貿易に関する文書 [写] (あんなんこくおうふのぼうえきにかんするもんじょ)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

 この文書は安南国(≒現在のベトナム)の国王配下の官僚である泒郡公から、江戸時代の日本の交易船の船長に宛てた文書の写しです。末尾の安南国の公印まで輪郭をそっくり写しているところからみると、文書の原本から書き写されたものかも知れません。写された時期は不明です。この文書の原本が作成された1634年は江戸幕府がいわゆる「鎖国政策」をとる直前です。文書は安南国と江戸幕府公認の貿易商人が取り交わした最期の文書として貴重な意味を持っています。この「助次右衛門」を船長とする角倉(すみのくら)商船は京都の豪商・角倉家のもの。当時、多くの船をもって東南アジア諸国との間で最も大きな交易を行う商人でした。

 内容は「前年の1632年に安南国に渡航した角倉商船は、中国産の生糸の買い入れがうまくいかず安南国に一年間留まった。その間、船員たちは法律を守り良民として安南国内でふるまった。安南国は角倉商船に貿易上の便宜を図って生糸の買い付けを助けると共に積み荷を積載した商船が帰国することを正式に許可する。さらに来年の角倉商船の渡航を求める。」というもの。

 1603年に開かれた江戸幕府は、それまでの豊臣政権の対外征服政策を改め、全体的には、現実的に財政の安定化を図るためもあり、積極的な対外親交政策へと転向し商人たちの交易を振興します。日本国内で需要が高まっていた生糸、絹、砂糖、鮫皮、鹿皮、香木などを求めて多くの商船が海外へ向かいました。こうした交易の活況は1639年のいわゆる「鎖国」政策の開始まで続きました。(実際には松前、対馬、長崎、琉球を通して制限的に対外交易を続けていたので、次第に「海禁政策」などと呼ばれるようになりました。)

 ちなみにこの時期、アジア地域で貿易の中心となっていたのは中国の私的な商人たちでした。15世紀初めに中国の官僚である鄭和(てい・わ)によって東南アジアから南・西アジアやアフリカまで及ぶ航路が開かれるとアジアの「交易時代」が始まります。そこに欧州からの貿易船が渡航するようになり、世界的な「大航海時代」が展開されていきます。明朝~清朝時代(1368~1912年)の中国は政情不安のため海賊や密貿易を管理できなくなるたびに、しばしば「海禁政策」を採っていました。琉球王国はこの文書が作成された時期にも中国などと盛んに交易を行っていますが、海洋交易国家として最も活況を呈していたのは、上記のような中国の海禁政策が強化されていた1400年代後半~1500年代前半頃のことです。

参考文献・調査ノート

(参考文献)
「環シナ海における近世日越関係史の研究」(フイン・トロン・ヒエン 2014年)
※広島大学学術情報リポジトリにて公開。→ http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/ja/00035743
この文書を含めてベトナム・日本間の交易史の流れを概観・分析している。この文書についても「史料」としてp.53~54にかけて分析がなされ、p.66に原文が掲載されている。
『外蕃通書』(近藤重蔵 著。近藤守重『近藤正斎全集』国書刊行会 1905~1906年刊に所収。) ※1601~1695年の日越交換文書56通を収録する。『近藤正斎全集』第14冊にこの資料の全文が掲載されている。)
『朱印船』(永積洋子 吉川弘文館 2001年)
『新版・朱印船貿易史の研究』(岩生成一 吉川弘文館 1985年刊)
『朱印船と日本町』(岩生成一 至文堂 1966年刊)
『国史大辞典』(吉川弘文館 1997年) 「ベトナム」「朱印船」「海禁」「鎖国」など
各項目参照。
ほか

(調査ノート)
・この江戸時代の朱印船に関する文書の写本は特殊文庫の資料ではなく、琉球王国と直接関係しないこの資料が、どのような経緯で沖縄県立図書館に入ったか詳細は不明。付属のシールなどによれば、平成元年に所蔵されたとある。海域アジアの交易関係資料として所蔵されることになったと考えられる。
・薄い和紙に墨で書かれていることから、透き写しで原本またはその写本から原寸大の文字や印を写し取ったものと考えられる。
・資料名は『外蕃通書』のタイトルに拠った。
・「1990年3月8日」付のコピー文書が付属しており、そこには「孫薇氏 訳」と記して下記の通りに本文書の日本語訳が付されている。「ベトナムの王府の内監と都察監の総太監掌監事を兼任している泒郡が正式に証明します。(示しておきます) 日本国の商人、角倉船の船長である助次右衛門等が去年、安南国に貿易のため入国した。あいにく絹が貴い時にあたってしまい、購入できなかった。帰国船にまにあわなくて(のりおくれて)、わが国に残りすでに一年あまりとなっています。(この期間において)、違法行為をしたことがないし、確実に良民であります。今、貿易がすでにすみ、帰国するのを許可すべきであります。総督官に上程し、許可をもらっている。彼らの生活(の便宜)を安ずる(安定させる)ために、来年、再び、貨物を船にのせて、我が国の都に貿易に赴くことになっています。これによって、商品の流通をはかっています。ここに示しておきます。 徳隆六年六月初九日」※徳隆六年は安南国の年号で西暦1633年に当たる。
・上掲の参考文献などをもとに読み下すと下記の通り。安南国王府内監兼都察監総太監掌監事 泒郡公が日本国の義商、角倉艚の艚長 助次右衛門等に示す。上年に安南国に至りて、売買す。絲貴き時に遭い、買う所難く、いまだ船を回すに及ばず。仍りて我国に留まり、すでに年を経るも、非為の事を作す無し。果たして是れ良民なり。茲に売買すでに完らば、応に本国に回るを許すべし。経に総督官に呈して准験す。その生理を安んじ、来年再び船を将て方貨を装載し、我が国京に赴きて売買し、以て貨財を通じて貿易せよ。茲に示す。 徳隆六年六月初九日 示押す」
・当時のベトナムは黎朝であったが内乱状態にあり、北部の鄭氏と中部の阮氏が抗争していた。鄭・阮両氏とも江戸幕府との通交があったが、この文書は鄭氏政権のもので、角倉船は北部の東京(トンキン)に寄航していたと考えられる。
しばらくお待ちください