しよりの御ミ事(首里之御詔) [写] (しよりのおみこと しゅりのおみこと )

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文
  • 参考文献・調査ノート

概要・解説文

『首里之御詔(しゅりのおんみことのり)』(嘉靖(かせい)38年 辞令書の写し) 解説

 琉球・沖縄は高温多湿で紙資料の保存の難しい地域ですが、琉球王国時代の首里王府からの辞令書(じれいしょ)である「首里之御詔」は比較的多く現存しています。おそらく「首里之印(しゅりのいん)」という文字が彫られた首里王府の朱印(しゅいん)が押された文書は家宝として大切に保管されてきたのだろうと見られています。「詔」というのは国王などによる通知・命令という意味です。
 1979年の沖縄県の調査では全県内に73点の辞令書が確認されています。現存最古は嘉靖(かせい)2年(1523)のもの(※「田名家文書(だなけ・もんじょ)」中にあり)です。辞令書は琉球王国時代を通して莫大な枚数が発行されたとみられますから73点の辞令書はそのほんの一握りです。明治維新の混乱期や沖縄戦をくぐり抜けて家々で大切に守られたそれら辞令書は家譜(かふ)と共にかけがえのない貴重な歴史資料と言えます。

 辞令書の内容は、首里王府から役職や領地を与える内容を記した定型的なものがほとんどです。しかし書式については著しい特色あるものとして広く知られています。
 まづ、文字の使用法ですが現存文書を手がかりにして、当初は平仮名書きであったものが漢字仮名交じり文へと変化し、さらに漢文体へと変化したことが知られています。時代的には中国年号で嘉靖~万暦(ばんれき)年間(1522~1619)頃は平仮名書きで、天啓(てんけい)年間(1621~1627年)頃から漢字仮名交じり文に変化し、康煕(こうき)~同治(どうち)年間(1662~1874年)頃は漢文体が一般的となっていた、ということです。
 また辞令書はその時代の能書家(のうしょか=書の上手な人)が書くので、琉球の書の歴史の重要な史料であり、同時に美術品でもあります。東アジアでは「書」は伝統的に美術(≒視覚芸術)の中心的な位置にあったからです。琉球の書についてはそのおおらかな書風について、中国にも当時の日本(大和文化圏)にもみられない独特のものがあるとして注目されています。

 この文書は嘉靖38年(1559)の辞令書を筆写したものです。原本は伝わっていませんから写本といってもとても貴重な資料です。二カ所に押された「首里之印」については冒頭の印のみを丁寧に文字の輪郭まで写しています。虫食いとみられる部分も丁寧に記録しています。末尾上方に押された印については四角形の囲い線部分のみを写しています。書誌情報により文化元年(1804)に当時の「日本」に伝わっていたこの辞令書の原本が何らかの目的で写されたということが知られています。仮名文字の流麗な書風も巧みに写していて原本の姿を浮かび上がらせています。

 内容は中城間切(なかぐすく・まぎり ※「間切」は現在でいう市町村のこと)の普天間(ふてんま)地区の一部について「みやきせん おきて(=今帰仁掟)」という人物を給付する、という意味のことが書かれています。「みやきせん」は今帰仁(なきじん)という地名、「おきて」は後に「掟(うっち)」と呼ばれるようになる間切などの行政責任者の役職を指すとみられています。また「みやき」の前に書かれた「一人(ひとり)」については、代々でなく一代限りという意味だとの説がありますが、詳細は不明です。
 この辞令書でもう一点、注目されているのは、当時の首里王府役人が領地を給付される際に、今帰仁と中城という全く離れた土地を同時に給付されていたことを明白に示す証拠文書である点です。

(鶴田大)

参考文献・調査ノート

(参考文献)
『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社 1981年刊)
 ※項目「辞令書」、「首里之印(しゅりのいん)」など参照。
『辞令書等古文書調査報告書』(沖縄県 1978年刊)
『資料に見る沖縄の歴史』(沖縄県 2002年刊)
「新発見の古琉球辞令書について」(高良倉吉 『浦添市立図書館紀要』2 1990年刊)
 ※この辞令書についての詳しい紹介あり。
ほか

(鶴田大)
しばらくお待ちください