座蒲団 [色紙] (ざぶとん)

ヘルプ閉じる

貴重資料ビューワーの操作

操作ボタンの説明

資料のタイプに応じて、表示するボタンの種類が変わります。


ページ切替

資料のページを切り替えます。

先頭のページ/最後のページ、前のページ/次のページ、ページ番号指定
などの基本的なページ切替操作をします。

ページ数表示

ページ切替操作の際に、ビューワー画面の右下に、現在のページ数/総ページ数が表示されます。
一定時間が過ぎると自動的に非表示になります。

ズームボタン 資料画像のズームボタンです。最小サイズ/最大サイズの切替をします。
中央に表示 資料画像をビューワーの中央に再配置します。
スクリーンサイズ切替 資料表示部のサイズを切り替えます。最大サイズの場合、右側の書誌情報エリアが非表示になります。
スケールスライダー マウスドラッグ操作で、資料画像のサイズを無段階調整します。
ページ選択 多数のページを持つ資料に表示されます。一定数ごとにページを切り替えることが出来ます。
翻刻資料を表示 くずし字で書かれた原文を楷書体に置き換えた「翻刻資料」のページを表示します。


マウスの操作について
クリック
  • 資料の前後ページ切替(右クリックは使用しません)
ダブルクリック
  • 単ページ/見開きの表示切替
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替
ドラッグ
  • 資料画像の表示位置移動
  • ダイアログウィンドウの表示位置移動(ダイアログ:このウィンドウなど)
マウスホイール
  • 資料画像サイズの拡大/縮小・段階切替


解説文、その他の詳細情報

解説文などのタブについて
タブの説明
資料によって、解説文の他に詳細な説明を掲載している場合が有ります。表示されるタブの種類は資料ごとに変わります。
資料解説・概要文 貴重資料に関する主な説明・概要文が表示されます。※資料解説の末尾に記載されている氏名は、資料解説の執筆者名です。
詳細解説文 さらに詳しい詳細な説明文、資料に関する情報などが表示されます。
参考文献・調査ノート 資料の解説文作成の際に参考とした資料や、その他の情報が表示されます。


推奨動作環境

  • Internet Explorer 7以上
  • Firefox 3以上
  • Safari 4以上

  • 概要・解説文

概要・解説文

色紙。椎窓猛氏寄贈。万年筆。
 〈土の上には床がある/床の上には畳がある/畳の上にあるのが座蒲団でその上に/あるのが楽といふ/楽の上にはなんにもないのであらうか/どうぞおしきなさいとすゝめられて/楽に坐ったさびしさよ/土の世界をはるかにみおろしてゐるやうに/住み馴れぬ世界がさびしいよ〉(『思辨の苑』収録)。
 初出は1935年2月号「文藝」。同号には〈数学〉の総題で「座蒲団」「数学」の二篇が掲載されました。初出本文と上記『思辨の苑』収録本文との間に特別な異同はありません。初出の段階から推敲する必要のない完成された世界だったと思われます。
 詩作の動機は《就職の件で先輩の家を訪ねて、久し振りに座蒲団の上に坐った》(「詩とはなにか」)ことにあったようです。上京以来、屋外で生活してきた貘にとって就職に関わる場面であったとはいえ、四角四面の〈座蒲団〉の世界は自由を奪われあまりに窮屈で息苦しいものだったに違いありません。
 この作品の面白さは土→床→畳→座蒲団という平たい世界の重なりがまるで東京スカイツリーのような高さにまで積み上げられているかのような錯覚に陥ることです。実際は床下から1メートル程度でしょうか。しかし貘の視点は驚くほど高いところから注がれています。
 〈楽〉はあくまで抽象的な概念であって、その人の心身の世界に属する感覚世界です。たとえば、じっと坐っているよりも立って歩いた方が楽なときもありますし、歩くよりもベンチに腰掛けた方が楽なときもあります。ただしこれはそれぞれの状況による感じ方の違いであって、貘の場合、この状況論を、住み馴れた土の世界と住み馴れない座蒲団の世界という生活圏の問題として提示しています。楽ではあっても具体的な生活の実感が得られない世界はさびしい世界なのです。
 1975年に建立された与儀公園の詩碑には母校の沖縄県立一中(現首里高校)に保存されていた自筆の「座蒲団」が刻まれています。詩碑の高さは地面からちょうど1メートルぐらいです。傍では除幕式で植えられたクワディーサーが今や巨木になって詩碑を見下ろしています。

(松下 博文)

しばらくお待ちください